給  付  金 


 
 会員のみなさまにお祝い事やお見舞いなどの給付事由が発生したときに給付金を支給して
 おります。

 請求資格 
     給付金は会員となった日から3か月を経た後に発生した事由に対して支給されます。 
ただし、在会1年未満の会員の給付金額は半額支給になります。 
請求時に会員である方に限ります。退会後は請求できません。 
 
 請求期限 
  請求期限は事由が発生してから1年以内です。 
       
 請求・受領方法              
  こちらをご覧ください。           
             
祝 金
  給付事由  給付金額  証明書類 (いずれか1つ) ※コピー可 
 結婚  会員本人が結婚したとき 20,000円   
 婚姻日及び配偶者の記載があるもの
 ・戸籍全部事項証明書(戸籍謄本)等
  ・婚姻届受理証明書
  ※住民票は不可
 
  ・再婚の場合は同一人について一回を限度とします。
 金婚  会員本人が結婚して
 満50年を迎えたとき
10,000円    
 婚姻日及び配偶者の記載があるもの

 ・戸籍全部事項証明書(戸籍謄本)等
 ※入籍後、満50年、25年を経過した後に交付
   されたもの
 ※住民票は不可

 
 銀婚  会員本人が結婚して
 満25年を迎えたとき
10,000円
 成人  会員本人が満20歳に達したとき 10,000円  
 生年月日が確認できるもの

 ・健康保険証 ・運転免許証等

 出生   会員本人または
 会員の配偶者が出産したとき
10,000円  
 子の生年月日及び続柄の記載があるもの

 ・母子手帳の出生届出済証明書
  (父母の記載があるもの)
 ・健康保健証 
 ・戸籍全部事項証明書(戸籍謄本)等

  ・多児出産の場合は一児につき一件となります。
  ・死産、流産及び早期新生児死亡(生後7日以内)は含まれません。
 入学  会員の子が小・中学校に入学
 したとき
 10,000円
 ・就学、入学通知書 ・健康保険証 ・在学証明書
 ・生徒手帳
 
 
    義務教育終了祝金は廃止されましたが、旧北区の会員様については、経過措置として
     平成30年3月卒業のお子様まで、5,000円が給付されます。
   

見舞金
  給付事由  給付金額  証明書類 (いずれか1つ) ※コピー可  
入院  会員本人が連続して
 入院したとき   
 14日以上  7,000円
 ・入院期間(入院から退院まで)の記載がある
  医師の診断書
 ・入院期間(入院から退院まで)の記載がある
  医療機関の領収書
 ※領収書は入院期間内に発行されたもの
   すべて

 30日以上  15,000円
 60日以上  20,000円
 90日以上  30,000円

 ・退院後にご請求ください。
 ・入院給付金を支給後、前回の退院日から一年以上経過した後の入院でなければ、支給対象となりません。

 ・会員本人の死亡弔慰金との併給はありません。
 ・発生要因に災害救助法が適用された場合は支給対象から除外します。


障害  会員本人が事故等で身体に障害が残ったとき  障害の等級・認定日が確認できるもの
 ・身体障害者手帳     
 70歳未満の
   会員本人  
 1級  100,000円
 2級  80,000円
 3級  70,000円
 4級  60,000円
 5級  50,000円
 6級  40,000円
 70歳以上の会員本人  1〜3級  一律     
30,000円

 ・年齢は障害の認定年月日を基準とします。
 ・70歳未満の会員本人で給付後に等級が上がった場合は差額を支給します。
 ・70歳以上の会員本人の障害見舞金は1回とします。等級が上がった場合の支給はありません。

 ・会員本人の死亡弔慰金との併給はありません。
 ・発生要因に災害救助法が適用された場合は支給対象から除外します。

住宅災害  会員の居住する家屋及び家財が損害を受けたとき  損害の程度が確認できるもの
 ・消防暑等で発行する罹災証明書
 ・損害状況がわかる写真(原則として添付)
 全損・全焼(概ね50%以上)   100,000円
 半損・半焼(概ね20%以上50%未満)   50,000円
 一部損・一部焼
 (概ね10%以上20%未満) 
 30,000円
 床上浸水  10,000円

 ・家屋は現に生活の本拠(店舗・事務所・作業所等を除く)としている建物をいいます。
 ・発生要因に災害救助法を適用された場合は支給対象から除外します。 

   
            

弔慰金
   給付事由 給付金額   証明書 ※コピー可
死亡  会員本人が亡くなられたとき 
 会員の死亡事項が記載され、かつ会員と
  請求者との続柄が証明できるもの
  ・戸籍全部事項証明書(戸籍謄本)等
  ・死亡診断書 


 70歳未満の会員本人  100,000円
 70歳以上の会員本人  50,000円

 ・受取人の順位及び範囲は次のとおりです。
 @配偶者(同居の内縁の夫または妻を含む)A子 B父母 C孫 D祖父母 E兄弟姉妹
 ・会員本人の死亡弔慰金と入院見舞金及び障害見舞金との併給はありません。
 ・発生要因に災害救助法が適用された場合は支給対象から除外します。

 会員の家族が亡くなられたとき    家族の死亡事項が記載され、かつ会員と
  家族との続柄が証明できるもの
  ・戸籍全部事項証明書(戸籍謄本)等
  ・死亡診断書
  (死産・流産の場合は医師の証明書または
   死産届受理証明書)
   
 会員の配偶者  20,000円
 会員の実親
 (養子縁組した養父母を含む)
 10,000円
 会員の子
 (死産及び28週以上の流産を含む)
 10,000円

 ・発生要因に災害救助法が適用された場合は支給対象から除外します。  

 平成28年4月1日改正


 請求・受領方法  
 
< 郵送の場合 >
  「給付金請求書」に必要事項を記入、押印のうえ、証明書類を添付し、サービスセンターに
  郵送してください。
  サービスセンターで受付後、請求者の口座へ1か月以内に振り込みます。
    給付金請求書  → 用紙はA4サイズを2枚、または表と裏の両面印刷でお願いします。  
    送付先       → 〒114−8503
                 東京都北区王子1−11−1 北とぴあ11階
                 一般財団法人 東京城北勤労者サービスセンター
 
< 窓口の場合 >
  「給付金請求書」に必要事項を記入し、会員証証明書類印鑑をお持ちください。
  給付金額が3万円以下の場合はサービスセンター窓口で請求時にお渡しできます。
  給付金額が3万円を超える場合は、請求者の口座へ1か月以内に振り込みます。
   
  代理人による窓口受領
    @「給付金請求書」に必要事項を記入、押印のうえ、さらに委任状欄に代理人氏名
      請求者氏名を記入、押印してください。
    A代理人の方は、ご自分の印鑑と請求者の会員証、証明書類をお持ちください。
      代理人の方が請求者と同じ名字でも別々の印鑑が必要です。
     
 ・ 「給付金請求書」をダウンロード印刷される方はこちら
   ※用紙はA4サイズを2枚、または表と裏の両面印刷でお願いします。
 ・ 「給付金請求書」は窓口にも用意してあります。
  また、お送りもいたしますので、サービスセンターへご連絡ください。
       ( 北区営業所 03-5390-1242 ) 
 ・ 証明書類をご提出いただく場合は、マイナンバーの記載がない書類をご用意ください。
 ・ FAXやメールでの請求はできません。 
 ・ 書類に不備があった場合は、再度提出していただきます。
     

留 意 事 項  
  異議申し立て  : 給付の決定内容に不服のある場合は、給付不承認書を受領した日から60日以内に異議 
    の申し立てができます。
  給付金の返還 : 不正行為等により給付金を受領したときは、給付金および給付に要した費用を返還して
      いただきます。
  会費の未納 : 会費の未納(滞納)がある場合には、会費の完納までは支給できません。
 

 サービスセンター案内入会案内給付金宿泊旅行
 レジャースポーツレクリエーションチケット文化・教養
 健康指定店全福センター融資・保険各種申請書